鼻の下の毛を毎日処理しなくても良くなる方法

鼻の下の毛を毎日処理しなくても良くなる方法

鼻の下の毛を毎日剃るのはとても面倒です。剃り忘れた時にはたった1日でも目立ってしまう人もいますし、ついうっかり肌に傷をつけてしまい、それがメイクでも隠しきれないこともあります。しかも、連日剃っているといつの間にかムダ毛も無いのにうっすらと黒く見えてしまうことも出てきます。

 

これは、刺激を与えることで肌中のメラニン色素が大量に生成され、それがくすみとなって現れている状態です。くすみは肌のターンオーバーと共に少しずつ薄くしていくことができますが、鼻の下の毛を毎日剃るという問題を解決しなければまたくすみはできてしまいます。

 

毎日処理をすることが問題なのですが抜けば良いと考えるかもしれませんが、抜くにしてもかなり慎重にしないと結局は肌トラブルにつながります。もっとも良い選択は再生してこない方法で処理を行うことであり、最近では色々な選択肢が用意されています。

 

人気があるのはエステサロンで行われているフラッシュ脱毛やIPL脱毛、プラズマ脱毛などです。基本的な仕組みはどれも同じであり、特殊な光を使って毛根にある毛包や毛母細胞にダメージを与えます。肌に優しい施術ですので肌トラブルが起こりませんし、痛みも小さい方法です。

 

 

鼻の下の毛を脱毛する方法を知っておこう

鼻の下の毛は、男性であればヒゲの部分に当たりますが、女性であれば、非常に目立ってしまうため、街を歩くのも嫌がる人がいる位です。中には、非常にコンプレックスに感じている人もおり、毎回の処理が非常にめんどくさいこともあり、悩みの種の1つになっています。

 

鼻の下の毛を処理するためには、カミソリで剃る方法や除毛クリームを使う方法が一般的です。カミソリであれば、手軽にできますが、週に何度か剃らなければならないでしょう。

 

一方で、除毛クリームを塗る場合は、一度塗れば2週間から3週間は放置しておいても大丈夫です。カミソリよりお金がかかりますが忙しい人には良い方法と言えるでしょう。

 

ただし、脱毛する場合とは違い、根本的な解決になるわけではありません。毎日ではなくても、継続して処理をしなければならない点には変わりがないからです。もし、鼻の下の毛の処理が面倒であれば、思い切って脱毛する方法があります。

 

ただし、現在のところ脱毛する方法はエステサロン等でないと難しいのが現状です。エステサロンに行く場合は、最初にカウンセリングを行い、レーザーを当てるのに適しているかどうかを判断していきます。

 

通常通うとなると、最低2回は通わなければなりません。金額もそれほど高くなく、鼻の下の毛の処理が面倒だと思っている人には、よい方法といえます。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?