顔の産毛処理にニベアを使う

顔の産毛処理にニベアを使う

顔の産毛処理にニベアが使えるのは知っていましたか?昔はニベアと言えば、手の肌荒れ用というイメージでした。

 

最近では顔の産毛処理のシェービングクリーム用としてニベアを使うか、もしくは顔の産毛処理をした後にニベアクリームで保湿するという方法があるようです。
家で自己処理をする場合、カミソリで大部分を剃って、残ってしまった毛を毛抜きで抜くという人が多いのではないでしょうか。

 

今回はカミソリ顔の産毛を処理する方法について見ていきます。
顔の産毛処理に使うカミソリは顔専用の電気シェーバーが理想的ですが、なければ、清潔なカミソリを使用してください。

 

もし百均などで売っているカミソリを使用するなら、使い捨てした方がいいかもしれませんね。
お風呂上りの清潔な肌に、清潔なカミソリが電気シェーバーを使います。

 

肌にシェービングクリームを塗りますが、その時にニベアを使ってもいいそうです。
そして、剃った後は顔全体を冷やして、炎症が起こらないようにします。そして、ニベアで保湿というのもあります。

 

もちろん他の化粧品でもいいですが、顔の産毛剃りをした後は必ず保湿するようにしてください。
もし産毛が長い場合には、はさみを使ってあらかじめ短くカットしておいた方がカミソリに絡まずに、剃り残しもなく、重ねて剃る必要がなくなります。

 

そうすることで、お肌の負担も減りますので、長い毛ははさみで切れるところまできっておきましょう。
ポイントは、顔の産毛の流れと同じ方向で剃るほうが肌に優しいといわれています。

 

逆にしてしまうと、皮膚が削られることがあるため、お肌に細かい傷がのこってしまい、シミやシワ、黒ずみの原因にもなるそうです。
また、毛が斜めに切られることで断面が大きく鋭くなり、尖った毛が近くの皮膚を貫通して埋没毛を引き起こすことも。

 

なので、基本は毛の流れに沿った処理が一番ですが、どうしても綺麗に剃れずにカミソリを押し付けて剃ってしまう、という場合は、逆剃りをしてください。
逆剃りよりも、何度も剃ったり、押し付けてしまったりする方が肌にとってはダメージが大きいです。

 

やむを得ず逆剃りをする場合も、できるだけ逆剃りをする範囲は小さくしてください。忘れずに保湿するのは、クールダウンが終わってからにしましょう。

 

剃った部分はしっかりと保湿します。カミソリを使ったあとの肌は敏感になっているので、低刺激のものがおすすめです。
パッケージに「赤ちゃんにも使える」「無添加」など書いてあるものを選んでください。

 

肌に塗ってしみなければ、抑毛効果のあるローションを使うのも良いです。毛が生えてくるのを遅らせることができるので、処理の回数を減らすことができます。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?